トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

鹿島VS名古屋

アントラーズ、2位の名古屋をゴール4発で撃破!

暫定順位3位に!

いや~、今日はなかなか面白い試合だった!

マルキーニョスの2発、小笠原のミドルシュート・・・

そしてなによりいいのは・・・

世界の10番ダニーロの2試合連続ゴール!

やはりダニーロのシュートはすごい!

ダニーロというとキープ力がいいと認識されがちですが、

ダニーロいわく「私の長所はシュート」というのは本当です!

(このブログではダニーロ選手を応援しております!)

しかしDF陣、もうちょっとしっかりしてくれないと・・・

前半1点を取った後、すぐに失点をするのはいかがなものか。

(審判の判定によるとオフサイドということらしいとのことで

取り消しになりましたが。)

それと伊野波・・・PK献上はいただけないな・・・。

まぁ、玉田が失敗してくれたので助かりましたが、あれが決まっていたら

流れが変わっていたでしょうね。

(まぁ、まだ経験を積んでいく段階ですからこれを課題として、

次へのステップに活かしてほしい。)

そして。

また一言言いたい選手。

決めるところを決められない・・・そう田代

完全ドフリーを宇宙開発してどうするんだ、田代!

あれが決まっていたらとどめの一撃だったんだぞ!

そして毎度のごとく、へらへら笑うなー!!

彼には危機感というものがないんでしょうか。

FWは点取ってナンボなのに。このままでは若手(佐々木、興梠)に

スタメンとられても文句は言えないですよ?

しかし、彼を外すと前に高さがなくなるしなぁ・・・。

微妙なところです。

外人枠はもう空きがないから、

前線でポストプレーができキープする選手の補強が必要なのでは?

さぁ、次はナビスコ杯、準々決勝。

相手は清水!この間の借りをしっかり返しておきたいところ。

頑張れ!アントラーズ!

| | コメント (40) | トラックバック (0)

新外国人加入!その選手とは・・・?

昨日の試合が勝てて、とっても嬉しい私に嬉しいニュースが。

アントラーズ、外国人選手レンタル移籍で獲得!

Marcinho

名前はマルシーニョ。

天才肌のトップ下系アタッカー。
 コリンチャンスでのデビュー直後からかなり注目を浴びるが、その技術をゲームの中で効果的に発揮することができないためか徐々に活躍の機会を失う。以後低迷を続けダメダメの烙印を押されて2003年早々にサン・カエターノへ。加入当初も負傷・不調に苦しんだが、徐々に本領を発揮。2003年にはブラジル全国選手権SerieAで13ゴールを挙げた。コリンチャンス時代は曲芸師の如くボールをこね回しエゴイスティックなプレーに終始することも多かったが、サン・カエターノでは味方がシュートで終われるようなシンプルで確かな攻撃をクリエイト。より実戦的なプレーヤーとなり戻ってきた。2004年には同チームにとっての初タイトルとなるサンパウロ州選手権制覇に貢献した。(某サイトから引用)

うわぁ・・・これはすごい選手だなぁ。

元セレソンとの肩書きもあり、活躍してくれるかも!

はやく彼のプレーが見たいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島アントラーズVS大分トリニータ

Jリーグ第11節 鹿島VS大分 

ダニーロの決勝弾で8試合ぶりの勝利!

ダニーロ!やっぱりあなたは世界の10番だ!

いやぁ、アントラーズがようやく勝てました!

長い長いトンネルから抜け出し、やっと・・・!

昨日のダニーロは間違いなくMVP!攻守ともに光っていました!

ダニーロをアシストした小笠原のコーナーキックも素晴らしい!

そして、やはり一番最高だったのが・・・

後半ロスタイム、

敵のペナルティーエリアからのパスを見事にスライディングでクリア!

ピッチの芝がえぐれるほどのスライディング。

その姿にジ・ダニーロを見た。

(ダニーロはブラジルでプレースタイルが元フランス代表ジタンの似ていることからそれにあやかり、ジ・ダニーロと呼ばれている。)

あれが世界のレベルなのか・・・!

サブでも腐ることなく、練習に打ち込むその姿。

途中出場ながらも必ず一仕事する。

もうダニーロをスタメンで使ってはいいのでは?

と思うぐらいキレキレです、動きが!

これは私のお願いですが・・・

ダニーロ、一生鹿島でプレーしてくれ!頼みます!

でも、勝てて良かったのですが・・・ここでFWの田代に一言言わせてもらいます。

決めるところはしっかり決めろ!!そして外したあとヘラヘラと笑うなー!

・・・以上。

ま、スランプは誰にもあるものですから・・・早く本調子になってくれ!

最後に、

Image042

この間、クラブハウスに行ったとき買ったダニーロのタオルマフラー。

今や入手困難(?)らしいです。(行ったとき最後の一つだった)

次はピクシー率いる名古屋グランパスとの一戦!

次も頼むぞ、アントラーズ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス 感想

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 感想

遅ればせながら、先週放送の「想いの力」 レビューです。

Snap_22__0806221705_3

星刻(シンクー)の名前を聞くたび、

ローゼンメイデンの真紅様を思い出してしまうのは私だけでいい。

Snap_22__0806221705_000

黒の騎士団が籠る天帝八十八陵。

その中には天子様がいると、攻撃を中止する星刻。

Snap_22__0806221705_001

「全軍、攻撃を中止しろ!あそこには天子様もおられる!」

あくまでシンクーの最優先事項は天子様。

その天子様が攻撃で何かあったら、と思えば攻撃を中止せざるを得ません。

しかし、そこに通信が入ります。

Snap_22__0806221705_003

「わかっておらぬな。星刻。そこは天子が眠る所。つまりは墓。

今の天子は埋葬する。」

この腹黒い連中らは黒の騎士団もろとも、今の天子を埋葬しようとする。

「新しい天子は用意したしな。

オデュッセウス閣下とも釣り合いが取れやすい人形だよ。」

そして埋葬しても、新しい天子は用意してあるという。

天子をどうやら政治の道具としか見ていないこの連中・・・腐ってますね。

そこに干渉してくるブリタニア軍。

Snap_22__0806221705_006

「君かい?クーデターの首謀者は?」

それに対し、星刻は

「ブリタニアはどけ!これはわが国の問題だ!」

いや、ブリタニアと黒の騎士団、そして中華連邦の三者が

そろっている時点でもう一つの国の問題ではない気がするのですが。

Snap_22__0806221705_009

天帝八十八陵を囲む敵陣に突撃していく藤堂。

そこにC・C(シーツー)も出撃します。

Snap_22__0806221706_001

「私も暁で出る。」と準備するC・C。

それに対しゼロは「不利になったら脱出しろよ」と答える。

Snap_22__0806221706_005

激しさを増す戦場。まさに三つ巴の戦いが繰り広げられます。

次世代の量産機、ブリタニアの最新鋭機、藤堂のナイトメア。

Snap_22__0806221706_013

中でも、このこのバリアを持つ機体。

なに、このガンダムヴァーチェ

い、いやあまりにも似てるものですから。

Snap_22__0806221707_004

場面は切り替わり、中華連邦とゼロとの通信。

「どうしても攻撃をやめないつもりか?このままでは天子も死ぬ。」

天子の代わりなどいくらでもいると考えている彼らは

もちろんそんなことには聞く耳を持ちません。

ゼロの論も通じず、戦況はますます激しさを増します。

そんな戦況を見て、我慢できなくなった天子様が戦場に飛び出します。

Snap_22__0806221708_009

「もうやめてー!こんな戦い!」

まだ幼い天子。天子をめぐる戦いにどうしてもいられなかったのでしょう。

だが、それをチャンスとした中華連邦連邦はすかさず天子を撃とうとします。

Snap_22__0806221709_007

でも、そこはシンクーが盾となり天子を守る。

そのシンクーに漢(おとこ)を見た。

敵の攻撃を受けながらもかばい続けるシンクー。

このままでは機体が持たない。

Snap_22__0806221709_005

「誰か・・・誰でもいい!救ってくれ!」

シンクーの心からの叫びに、ここでようやくゼロが動く。

Snap_22__0806221712_006

満身創痍のシンクーをゼロの新しいナイトメア 「蜃気楼」が庇う!

その後、拡散レーザーで敵を一掃。

そしてゼロが準備していたもう一つの策。

先ほどの通信を国民に流し、暴動を起こさせるというもの。

見事にその策が成功し、この戦いは終わりました・・・。

次回のお話はどうやら学園のお話。

なんかコメディなストーリーになりそうですね。

やっぱり明るい話もたまには・・・ね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<J1>サポーター2人のスタジアム入場を永久禁止 ガ大阪

埼玉スタジアムで5月17日にあったJ1浦和-ガ大阪の試合後にサポーター同士が騒ぎを起こした問題で、ガ大阪は21日、男性サポーター2人のスタジアム入場を永久に禁止すると発表した。

 ガ大阪によると、2人は浦和サポーター席に水風船を投げ込んで挑発するなどしたという。入場禁止はアウェーも含め、ガ大阪の試合すべてが対象。また、2人が所属するグループなど二つのサポーターグループが解散した。

(yahooニュースより)

鹿島のフロントはぜひG大阪のこの厳しさを見習ってほしい。

永久追放という処分を下し、なおかつ問題を徹底的に調査するのですから。

サポーターがもめ事を起こしても、ピッチ上に乱入しても、選手を殴ったりしても

鹿島のフロントは動かない。鹿島の癌とも言えるIN.FIGHT(通称:磯)

が好き勝手やっているのを見てみぬふりをしている・・・。

私はアントラーズの選手は大好きです。でもこのだけは大嫌いです。

同じサポーターとして見られたくはありません。一緒に応援コールをするのも嫌。

ピッチ乱入などをしたのですから、

これほどの処分(永久追放とか)が下ってもいいと思うのですがね。

フロントの甘さ、磯ファイトの愚かな行為をどうにかしなければ、

鹿島の未来は暗いでしょうね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アントラーズに中田浩二、復帰!

私が応援している鹿島アントラーズに、

小笠原に次ぎ中田浩二が復帰することが決まりました!

中田浩二は左サイドバック、ボランチ、センターバックをこなせる

ユーティリティプレーヤー。これでアントラーズの選手の層がまた厚くなりました。

入ってすぐスタメン・・・

なのかは監督が決めることですからよく分かりませんが。

もしスタメンだったらどうなんでしょうかね。

先にも書いたとおり、複数のポジションができるわけですから、

いろんなバリェーション溢れるフォーメーションが組めると思います。

例えばボランチの位置に入れば、小笠原を2列目に上げるとか・・・

2列目に上げれば野沢や本山をFWとして使うことだって可能です。

それか小笠原をトップ下に持ってくるとか。

私がフォーメーションを考えるならば、

GKソガ、DF岩政、大岩、新井場、内田、

MF中田、青木、小笠原、本山、FWマルキーニョス、野沢

ですかね。特に野沢のFWっていいと思うんですよ。(シュート上手いし)

田代はこのところ絶不調なので少し外したほうがいいかと・・・。

でも前に高さがなくなるな~。放り込みができなくなるし・・・。

いっそのこと、田代をDFにコンバートするとか

おっと失礼。田代の復調を早く望みます。

あと個人的にはダニーロのプレーがもっと見てみたいので、

ダニーロとマルキの2トップも見てみたい気もするです。

なんかウイイレ厨乙、といわれそうな勢いで書いてしまった・・・。

とりあえず残された時間の中で、さらにチームを強化していってほしいですね。

頑張れ!鹿島アントラーズ!

あ、最後に・・・

強化部長~外国人枠1つ余っていますけど使わないんですか?

もったいないですよ~。誰か連れてきたほうがいいと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪歩のタペストリー

私のプロフィールを皆さんは
もうご覧になりましたでしょうか?

そこに好きなゲームの欄があり、
中に「アイドルマスター」と書かれています。
そのアイドルマスターの事で少し頭を悩ませております。
その頭を悩ませている物と言いますと・・・。

Image037

そうアイマスライブフォーユー!に特典としてついてきた、このタペストリーです!

私が大好きな雪歩なので、
是非飾りたいのですが・・・。

所が場所がない!これは困った。
飾るのにこれほどのかけるスペースが家にはありません。

飾れるスペースがある人の家がうらやましい!

・・・ところで話は変わりますが。
アイマスで雪歩が好き!と言う声はなかなか聞きませんね。

皆さん、あずささんとかに夢中なのですかね。私も一時期はあずささんでしたが、
雪歩に今は夢中です。

弱気で臆病なところが、
サッカー選手の青木に似ているんですよ。

もしかしたら覚醒したら、凄くなるのでは?と考えます。

覚醒した雪歩・・・覚醒させるもさせないも私次第ってコト?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きらきー怖い・・・

今日は週刊ヤングジャンプの発売日。

何を目当てで買っているのか、と思われる方もいるでしょう。

それは・・・

私が楽しみにしている 「ローゼンメイデン」 が連載されているからです。

ヤングジャンプが週刊だから毎週連載されているというわけではなく、月一の連載。

(まぁ、あれだけのストーリーを週連載にしたらあっという間に物語が完結してしまう

とは思いますが・・。)

それはさておき今月は第3話。

「まいた世界 まかなかった世界」とのタイトル。

買ってざっと読んでみて感じたことは、

雪華綺晶、怖いよ!

もはや人形食いのドールというイメージが定着してしまいましたね)

だって、

Image038 (コミック8巻より 真紅が雪華綺晶の巣に引っ掛かるシーン)

「可哀想・・・可哀想な駒鳥さん・・・ だァれが殺した駒鳥さん そぉれは私・・・」

こんな風にクモの巣を張り巡らせ、そこにかかった獲物を食べるんですよ?

もはやローゼンメイデン、最強・・・いえ最恐のドールでしょう。

それは今も健在のようですね。いや~怖い怖い・・・。

そして今回付録についていたピンナップ。

Image039

やはり真紅様は凛々しくて、美しい・・・。

でも、不にん(ry うわなにをするやめ(ry

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自己紹介

では、まず皆さんに私のことをわかってもらえるよう

簡単な自己紹介をします。

名前 ライ(某ゲームでのデフォルトの名前から取りました)

趣味 サッカー(ただしJリーグにしか興味なし)ゲーム(RPG、シミュレーション系が好きです。でも最近ゲームはやっていないなぁ・・・。)

読書(漫画、ラノベをよく読みます。中でもローゼンメイデンはお気に入り。)アニメ鑑賞(コードギアス、ガンダム00が今のところ好きかなぁ・・・。)

こんなところですかね・・・。

詳しいことは後ほどプロフィール覧にアップしますので、よろしくお願いします。

なお、これが知りたいと思う方がいらっしゃいましたら気軽にどうぞ・・・。

ただし!私が答えられる範囲でですけど・・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ開設 

皆さん、はじめまして。

今日からブログを立ち上げた、「ライ」と申します。

このブログではローゼンメイデン、漫画、ゲームなど取り上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年7月 »